アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎はどのような病気なのでしょうか

 アトピー性皮膚炎の原因は、まだ全て明らかにされていませんが、その発症にはアレルギー体質が大きく関わっていると考えられています。アレルギーとは、多くの人にはなんの反応を示さない物質に対して、過剰に反応してしまう病気と考えてよいでしょう。アレルギーの原因としては、ホコリに含まれるダニが最も多いとされています。食物が原因となっている場合もあり、卵白、牛乳、大豆等がその主なものです。しかしアトピー性皮膚炎にはそれ以外にも多くの因子、皮脂成分の分泌異常、感染、血行障害などの関与が知られています。

どのような症状がでるのでしょうか。

 アトピー性皮膚炎の大きな特徴は、皮膚が乾燥しカサカサしていることです。またそれが進みますと、皮膚が角化し固くなってきます。さらに進行しますと皮膚に炎症症状が出てきます。皮膚の一部が赤くなり、痒みがみられ、そこを掻くようになります。首の周り、耳の周り、肘、膝に強く症状が現れます。掻き傷に感染が加わりますとさらに皮膚症状が悪化し、分泌物の増加、皮膚の亀裂、ただれがみられるようになります。

どのような治療をするのでしょうか。

 アトピー性皮膚炎はアレルギー体質と年齢が大きく関与した病気であるため、病気そのものをすぐに治すことはできませんが、10才頃には多くの患者さんは軽快します。病気の特徴として、治療しなくても症状が良くなったり、治療していても悪くなったりします。ですからアトピー性皮膚炎の治療は気長に、そして病気と仲良く暮らすように心がけることが大事です。治療には、環境整備、スキンケアー、軟膏療法、薬の内服療法があります。

日常生活における注意。

環境整備

 アトピー性皮膚炎はアレルギーが原因とされる疾患ですので、アレルギーの原因となるものを除去するようにしましょう。最も多い原因はダニとされています。ダニはタタミ、絨毯、ぬいぐるみ、フトン、枕等の日常生活に必須のものに住みついています。ですからダニを100%取り除くことは事実上不可能ですし、またその必要もありません。しかしダニをできるだけ減らすことはとても大事です。ダニは熱に弱いですからフトン、枕は日光に当てて、ダニを殺してください。さらにダニの死骸、排泄物をよく吸引してください。できれば定期的に水洗いをすると良いでしょう。ぬいぐるみも水洗いできるものを選びましょう。羽毛ふとん、羽毛枕は避けるようにしましょう。絨毯、タタミは掃除機でよく吸引しましょう。床はフローリングがよいとされています。

食事

 一部の人は食事が原因となっている場合があります。そのような人は、原因食物を除去した食事をとる必要があります。しかしそのような除去食を本当に必要とする人は多くありません。原因とされる食物としては、卵白、牛乳、大豆等ですが、これらは成長発育にとても重要な栄養源であります。これらはむやみに制限しますと、日常の食生活に大きな障害、ひずみが生じ、栄養障害、成長障害、さらには情緒精神障害の原因にもなってきます。除去食の選択には、検査成績だけではなく症状の十分な検討が必要です。また、乳児期に食物による過敏反応が出ても、1才以降は症状が出なくなることがほとんどです。除去食の不必要な長期投与は避けるようにしましょう。

衣服

 アトピー性皮膚炎の人は肌がとても敏感です。直接肌に付ける物は刺激の少ない綿製品にしましょう。チクチク、ゴアゴアするものは避けましょう。

スキンケアー

 スキンケアーの基本はお風呂に入り、セッケンで全身をよく洗うことです。古い皮脂成分やホコリが皮膚に付着しますと、それだけで皮膚に刺激となり、また細菌の感染の原因ともなり、アトピー性皮膚炎に悪い影響を与えます。毎日お風呂に入り皮膚を清潔に保つことはとても大切なことですが、入浴に関して気を付けなければならないことが三つあります。皮膚を傷つけないこと、刺激の少ないセッケンを使うこと、入浴後の保湿クリームを忘れないことです。あかすりや軽石、ブラシでゴシゴシこするのはやめましょう。柔らかいタオルを使うようにしましょう。セッケンは、よく水で洗い流せば、ほとんどの物は問題ないと思われます。しかし人によってはセッケンに過敏な人もいます。そのような人は自分にあった刺激の少ない物を選びましょう。セッケンで体を洗うと、どうしても皮脂成分が過剰に失われますので、入浴後は保湿クリームを塗ってください。保湿クリームは種々の物が市販されています。香料や防腐剤が、人によって合わないことがありますので、自分に合った物を選んでください。保湿クリームは医薬外部品であるため、保険で購入できません。白色ワセリンは古くから使用され、また信頼されている保湿剤です。ベタベタするのが難点ですが、安価ですし、保険も使えます。

軟膏療法

 乾燥肌だけでしたら、スキンケアーと保湿剤で良いのですが、炎症が強くなってきますと、痒みが強くなりそれだけでは対応できなくなってきます。そのような時にはステロイド軟膏が必要になります。現在アトピー性皮膚炎治療の基本はステロイド軟膏治療であると皮膚科学会から勧告されています。アトピー性皮膚炎にステロイド軟膏はとてもよく効きますので、ステロイド軟膏の使い方をよく理解して、上手に使うようにしましょう。そのためにはステロイド軟膏の副作用を良く知る必要があります。ステロイド軟膏で問題となる副作用は、感染を増悪させること、長期連用で皮膚の萎縮や色素沈着をきたすことです。アトピー性皮膚炎には感染が加わっている場合が少なくありません。発赤が強いとき、痛みがあるとき、分泌物が多いときは感染が加わっている可能性が強いですから、その部位にステロイド軟膏は塗らずに、抗生剤入りの軟膏を塗ってください。長期間連用すると皮膚が萎縮して固くなったり、色素沈着ができシミになったりします。顔に出やすい副作用ですので、顔にステロイド軟膏を用いる場合は医師と相談してからにしましょう。ステロイド軟膏は数週間程度の短期間の連用でしたらほとんど問題ありません。長期連用にならないためには、自分で基準を作り、どのレベルまでならステロイド軟膏なしですむかを決めると良いでしょう。重症アトピー性皮膚炎には、どうしても長期のステロイド軟膏治療が必要になります。症状により徐々に減量する使い方、また免疫抑制剤タクロリムスを用いたプロトピックをステロイドと交互に使用することで、双方副作用なく使うことができます。医師の厳重な観察の元に行わなければなりません。角化の強い乾燥肌に、尿素軟膏が用いられます。角化層の除去にはとても有効ですが、亀裂部位やただれの部位に塗りますと刺激が強く痛みが出ますので注意してください。非ステロイド軟膏(アンダーム等)がありますが、効果が弱く時に過敏反応を起こすことがあるため、現在は使用を控えるよう皮膚科学会から勧告されています。

内服剤

 抗アレルギー剤(標品名:ザジテン、アゼプチン、リザベン、アレグラ、アレジオン、ニポラジン、エバステル)と呼ばれる薬があります。アレルギー反応を起こし難くする効果があります。副作用がほとんどなく、数年間の長期投与が可能です。しかしその効果は個人差があり、全ての人に有効ではありせん。

病気の話あれこれへ戻る